口腔がん

口腔がんとは

口腔がんとは
口の中全体を口腔といい、ここにできるがんを”口腔がん”といいます。
この中には舌のがん(舌がん-ぜつがん)、舌と歯ぐきの間にできるがん(口腔底がん-こうくうていがん)、
歯ぐきのがん(歯肉がん-しにくがん)、頬の内側の粘膜にできるがん(頬粘膜がん-きょうねんまくがん)、
口の上ブタ(天井)の部分にできるがん(硬口蓋がん―こうこうがいがん)が含まれます。
日本では口唇がんは少なく、口腔がんの大部分が舌がんで、口腔底がん、歯肉がんの順で多くみられます。

口腔がんの症状

一般的には初期のがんでは痛みや出血などはなく、硬いしこりが触れるのみの場合が多くみられます。
なかなか治らない口内炎の場合も注意が必要です。
舌がんの好発部位は舌の両脇の部分で、尖端や真中の部分にできることは少なく、舌の奥の方には有郭乳頭や葉状乳頭とよばれる正常の突起物もありますのでこの場合は心配はありません。

その他、上ブタ(天井)の部分や、下の歯ぐきの内側には正常な骨の突起があり、これらもがんと勘違いされることがあります。
進行がんではしこりが外側に大きくなる傾向のものもあれば深部に入っていくものもあり、特に深部に入っている場合は意外に進行しているものが多く、潰瘍を形成して痛みや出血が出現することがあります。

さらに増大すると、言葉が喋りづらくなったり食事が取りづらくなったり口が開かなくなったり、がんが頚部のリンパ節に転移しあごの下や首のリンパ節の腫脹をきたすことがあります。
お口の中の異変に気付いた場合や心配な点など、お早めにご相談ください。

口腔がんの症例

お口の中にも"おでき"のようなものができます。良性の場合もありますが、悪性の場合は、いわゆる"がん"といわれるもので、生命を脅かすことになります。
お口の中の"がん"は胃がんや大腸がんなどと違い、内視鏡など特殊な器具を使わなくても、専門医が見ればわかることが多いのです。
たんなる歯槽膿漏や口内炎だと思い込み放置したため、他の場所に転移し、命に関わることになる例も少なくありません。

症例1
下顎の歯肉癌(歯槽膿漏だと思い、一生懸命歯磨きすることで刺激を加えたため、首のリンパ節に転移した方の口の中の写真)

症例2
舌癌(舌のわきに腫瘍ができ、口内炎だと思い放置した方の口の中の写真)

症例3
上顎の悪性黒色種 (上あごに"あざ"ができたと思っていたら、数週間で広い範囲となった方の口の中の写真)

症例4

※毎朝鏡に向かったとき、お口の中を自分でよく調べてみましょう。 このように大きくなると、お口の中が臭ってきます。

※この他に、前がん状態や前がん病変といって、放置しておくと10%前後の確立で"がん"になる可能性のある病気があります。
白板症、扁平苔癬などですが、組織検査を受けると、"がん"のなりやすさがわかります。
このような病気の方は、検査を受けた後、日常の生活、食事指導を受け、"がん"にならないような早めの予防が可能となります。

受診のすすめ

口腔は狭い領域ですが、病気(疾患)の種類は非常に豊富で多種多様です。
顔や口腔内の腫れだけでも色々な病気が見られ、慎重な鑑別診断を要します。次のような症状が見られた場合受診をおすすめします。

口腔がんの患者さんの訴えで多い事例
  • 義歯(入れ歯)が入り難くなった。
  • 義歯(入れ歯)が当たって歯ぐきが痛い。
  • 口内炎がなかなか治らない。
  • 歯がグラグラでよく出血する。歯痛や歯ぐきからしばしば出血する。
  • 口が開きにくい。
  • 物が飲み込み難い。
  • 家族や友達に顔が腫れていると言われた。
  • 一定の場所の粘膜表面が赤くただれていて、なかなか治らない。

予防と検診

規則正しい生活
口腔がんの予防については、不適合な歯のかぶせや入れ歯、虫歯の鋭端部等によるしばしばの傷に気をつけること(慢性的な刺激)。
また、タバコの吸いすぎ、アルコール飲料の過度の摂取などにも注意が必要です。規則正しい食事を心掛け口腔内を絶えず清潔に保つようにしましょう。
口腔に関心を持ち、一年に一回位は口腔内全般の検診をお薦めします。