義歯(入れ歯)

義歯(入れ歯)治療とは
義歯は決して見た目だけのためのものではありません。
せっかく義歯を入れても、かみ合わせが合わず、食べ物がきちんと噛めないばかりではなく、肩こりや頭痛に悩まされることがあります。
また、義歯がフィットせず、入れ歯がすぐ取れてしまったり、歯茎が痛いなどさまざまです。
当医院では、レジン床のものでも可能な限り薄く違和感のないように作っておりますが、素材的に限界があるため、主に金属床義歯をおすすめし、咬む機能(咬合)を重視し、あくまでも咬む機能を回復するための義歯を提供できるよう、力を注いでおります。
これから、義歯を検討している、または義歯を利用しているが、自分に合っていないようだ・・・などございましたら、お気軽にご相談ください。

総義歯(総入れ歯)と部分義歯(部分入れ歯)について

総入れ歯 (総義歯)
総入れ歯 (総義歯)
大部分の歯が失われた場合に用いるタイプです。総入れ歯は吸盤のように口の中で密着します。「総入れ歯には違和感がある」というイメージをお持ちの方もいますが、現在の総入れ歯は大変精巧になっていて違和感なく噛むことでき、食事も問題なく楽しむことが出来ます。

部分入れ歯 (部分義歯)
部分入れ歯 (部分義歯)
失われた歯の周囲に支えとなる歯がない場合や、ブリッジ治療を避けたい場合に用います。上下ともに健康な歯が一本でも残っていることが条件となります。取り外し式の部分入れ歯を歯肉の上に直接置き、周囲の歯にクラスプ(金属のバネ)で固定して噛めるようにします。

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い

保険の入れ歯
最大のメリットは治療費用が安いことです。基本的にすべてプラスチックのため分厚くなり快適さが損なわれたり口の中で熱が伝わりにくくなりますが、噛むという入れ歯の基本的な機能については変わりません。

自費の入れ歯
機能・審美性共に優れ、豊富な素材の中から選択することができます。費用がかかることが難点ですが、それだけに装着感や見た目は入れ歯と思えないほど自然です。

義歯(入れ歯)の種類

レジン床義歯 - 保険適応 -

レジン床義歯 - 保険適応 -
保険範囲内で作製出来る義歯です。歯も歯肉の部分も合成樹脂で出来ています。

金属床義歯

金属床義歯
薄いために口の中に入れても違和感が少なく、物を食べたときに熱がよく伝わります。
丈夫で補修もできるので長期間使用できます。

バネのある義歯 - 保険適応 -

バネのある義歯 - 保険適応 -
自分の残っている歯にバネを引っかける一般的な部分入れ歯です。単純な構造で丈夫、長持ちするのが特徴です。
ただし、バネが見える場合があります。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー
審美的な入れ歯、別名エステティックデンチャーと呼ばれており、違和感が非常に少ない入れ歯です。
材質がFRSという特殊な体にやさしい樹脂でできており、見た目も自然な最新型の入れ歯です。

義歯(入れ歯)の清掃について

歯にプラークが付着し、しばらくすると歯石ができるように、入れ歯にもプラークや歯石が付着します。
入れ歯を掃除しないと歯間に食べかすがたまり、細菌が繁殖しやすくなります。
【入れ歯の清掃ポイント】
①食後は流水で汚れを落とし、歯磨き剤は付けずにブラシで磨く。
②就寝前は洗浄剤を使用した水につけておく。

入れ歯を磨く時は、よく観察し磨き残しのないように丁寧にお手入れするように心がけましょう。
義歯(入れ歯)の清掃について

義歯(入れ歯)のよくある質問

寝るときは、入れ歯は入れたままでよいですか?

入れ歯は必ず就寝前に外してください。外すことで入れ歯の下の粘膜(歯ぐき)を休ませてあげることができます。
また、小さい入れ歯は就寝中に誤飲の危険もあるので注意が必要です。
通常、お休みになる前には入れ歯を外し、水や洗浄剤につけるようにして下さい。

入れ歯になると味が変わりますか?

甘いや塩辛いなどの味覚は主に舌にある味蕾(みらい)で感じます。
味は「臭い、温度、舌触り、歯ごたえ」など色々な要素が関係するので、入れ歯に慣れるまでの間は食事がおいしくないと感じることもあると思います。
できるだけ薄くてぴったりフィットし、熱の伝わりやすい入れ歯を選ぶことが「美味しく食事を頂く」秘訣です。

入れ歯は何年ぐらいで作り変えたほうが良いですか?

歯茎やあごの骨、支えになっている歯や、かみ合わせの変化などによって異なります。
合わなくなった入れ歯を使い続けるのは粘膜、骨、関節、筋肉などに悪影響を与えます。やはり入れ歯も定期的に検査を行い、違和感の少ない状態でご使用になることをお勧めします。

入れ歯を入れると話しにくくなりませんか?

入れ歯は初めて装着したときはどなたでも違和感があります。
大きさや形にもよりますが発音しにくくなることもあります。違和感の少ない義歯や人工歯根(インプラント)による治療を希望する患者さんも増えています。

インプラントか入れ歯か迷っています。長所・短所を教えてください。

インプラントは近年急速に広まっています。ご自身の従来の歯に近い感覚を取り戻せる点は魅力的です。 しかし、骨を削りボルト埋め込むという身体に大きな負担をかける手術が必要です。
失敗してもやり直しをするのは極めて困難であり、10年先にどのような状態になっているのか不安もあります。

一方、入れ歯も進化しています。噛み合わせの調整されたぴったり合う入れ歯を作ることができれば、外れる心配もなく食事を楽しんだり一目を気にせず笑うこともできます。
あなたのライフスタイル、ご希望などをお聞きして慎重に決める必要があると思います。