インプラント

インプラントとは

インプラントとは
インプラントは、歯根部分と上部構造からなり、顎の骨の中に人工歯根を埋入し、数ヶ月間(約3ヶ月~6ヶ月)期間をおくことにより、顎の骨としっかり固定された後に上部構造を装着します。
人が物を噛むときの力は、想像以上に大きいものですが、顎の骨に埋め込むことで、天然歯と同じように噛む機能を改善し、強く噛むことも可能です。
また 上部構造の歯冠の色や形も、最新の歯科技術によって、自分の歯と同じように作ることが可能です。

インプラントのメリット・デメリット

インプラントのメリット

  • 安定した噛み合わせを比較的長く保つことができる
  • 審美性が高いので、自分の歯に近い見た目に仕上げることができる 
  • 咀嚼能力(かみ合わせの力)が高いので、硬いものを食べたり、力強く歯をくいしばることができる
  • 自然の歯に近い機能が期待できるので、装着後の違和感や外れてしまう心配がない 
  • 歯を失った箇所は顎の骨が自然に減ることがあるが、インプラントは直接顎の骨に埋め込むので咀嚼の刺激が顎の骨に伝わるり衰退を防止することができる
  • 定期的にメンテナンスを行うことで、長持ちさせることができる

インプラントのデメリット

  • 個人差によるが、ブリッジに比べると治療時間が長期間かかる
  • 手術になるので、状態により適応とならないケースもある
  • 家庭での適切なブラッシングや医院での定期メンテナンスが必要になる(少なくても、半年に一回のメンテナンスが必要)
  • 比較的費用がかかる

他の治療との違い


項目/治療法インプラントブリッジ入れ歯
審美性
×
噛む力

×
口内衛生
×
×
耐久性

×
×
健康な歯を削る
削らない
両隣の歯を削る
削らない
違和感
なし
少ない
有り
顎骨がやせる
やせない
多少やせる
やせる
  • インプラントは顎の骨で固定する治療法ですので、
     ガタついたり痛みを感じたりすることが無く、
     天然の歯と同じような感覚で噛むことができます。
  • バネがないので、自然で綺麗な歯並びがよみがえります。
  • インプラント治療は健康な歯を削ったり支えにすることがないので
     ご自分の歯を傷めることはありません。
インプラント治療 27万~(税別・検査料含む)

インプラントの必要性

インプラントの必要性
抜けた歯をそのままにしておくと、歯を支える為の顎の骨は生理的に退縮(吸収)していきます。入れ歯にする際も支える骨が減っていると安定が悪くなるのです。
入れ歯にする際も支える骨が減っていると安定が悪くなるのです。
そこで、代わりになるものを入れて骨の退縮(吸収)を防ぐ必要があります。
インプラントを入れることによって今までの不快感も無くなり、楽しく笑ったり、美味しいものが食べることができるようになります。
入れ歯では難しかったこともインプラント治療によりご自分の歯と同じような感覚を取り戻す事ができます。

インプラント治療の流れ

診察と治療計画
[step1] 診察と治療計画
インプラント治療に必要な診断を行い、インプラント治療が可能かどうかを診断します。
その後、治療計画を立てます。

フィクスチャー埋入の手術
[step2] フィクスチャー埋入の手術
人工歯根のフィクスチャーを顎の骨に埋入する手術を行います。
局所麻酔を用いて行いますので、安心して手術を受けることができます。

治癒期間
[step3] 治癒期間
その後、骨とインプラントがしっかり結合するまでの治癒期間(3ヶ月~6ヶ月)を設けます。
治癒期間は骨の質などにより個人差があります。この間、必要に応じて仮の歯を入れる場合があります。

アバットメントの連結
[step4] アバットメントの連結
人工の歯の支台となるインプラントの部分(アバットメント)をフィクスチャーに連結します。この時、簡単な手術を行う場合があります。

人工歯の装着
[step5] 人工歯の装着
インプラントを含めたお口の中全体の印象採取(歯の型をとること)を行います。その型に従い人工の歯を作製します。その後、アバットメントの上に人工歯を装着して完成です。

メンテナンス
[step6] メンテナンス
インプラント治療終了後、インプラントを長持ちさせるためには、適切なホームケアと定期的な検診が不可欠です。また半年後に一度、インプラントの状態を見るため、定期検診を受けることをおすすめしています。

インプラント症例

インプラント症例① 術前
術前
インプラント症例② インプラント埋入後
インプラント埋入後
インプラント症例③ 人工歯装着後
人工歯装着後

インプラントのよくある質問

インプラントの治療期間はどれくらいですか?

年齢や口腔内の状態によって異なりますが、約3ヶ月~6ヶ月程度です。

インプラントはどのくらい持ちますか?

その人の健康状態(口腔内の清潔度合い、骨の状態)により異なりますが大変長く持つ方もいらっしゃいます。

治療が受けられる年齢は何歳くらいですか?

骨の成長が止まる16歳から75歳ぐらいまでですが、健康状態によってはそれ以上も可能です。

人体への影響は?

インプラント材は生体適合性の高いチタン合金を使用しています。また、強度が高いので骨内で腐食することはありません。

インプラント治療は痛いですか?

的確な麻酔をしますので痛みはありません。

費用はどれくらいかかりますか?

健康保険は適用されません。治療方法によって手術費や材料費が異なりますので、詳しくは当医院の歯科医師にご相談ください。