歯周病

歯周病
歯周病は日本人の80%が患ったことのある病気で、風邪のように自然完治は決してありません。
初期症状はほとんど無く中等度以上に病状が進むと歯肉からの出血や口臭などが気になり、さらに進むと歯の動揺をきたし、咬むと痛みが出て最後には抜けてしまいます。
最近では、歯周病は心臓病、肺炎、低体重児出産などの全身の病気にも影響するといわれています。

歯周病の進行状況


歯周病の進行は非常に遅いため、普段の口腔内の変化ではなかなか気がつきません。
気づかないうちに歯周病は進行し、多くの人が歯槽骨が吸収して歯が動くのを感じてから初めて症状を自覚します。
さらに歯周病は口腔内だけではなく、全身にも影響を及ぼすことが最近分かってきました。
歯周病菌そのものは強い病原性を持っているわけではありませんが、菌が歯周炎を起こした歯肉から血液に入りやすい状態になり、全身疾患の原因にもなりえます。
進行度1歯ぐきがはれ、出血する
[進行度1] 歯ぐきがはれ、出血する
歯肉が炎症を起こすと赤く腫れ上がり、歯を磨いたり、リンゴなどをかじったりすると出血します。
次へ

進行度2口臭を感じるようになる
[進行度2] 口臭を感じるようになる
歯肉と歯の間のすき間が広くなり、そこから出血したり膿が出たりして口臭を感じる場合があります。
次へ

進行度3歯がぐらついてくる
[進行度3] 歯がぐらついてくる
炎症が慢性化し、歯根膜、歯槽骨が先端部より溶けてきます。口臭もあり歯が浮いた感じがします。
次へ

進行度4硬いものが食べられなくなる
[進行度4] 硬いものが食べられなくなる
歯根を支えている歯槽骨がほとんど溶けてしまいます。歯根が露出し、歯のぐらつきがひどくなります。

重度の歯周病(歯周外科)

重度の歯周病になると歯肉は化膿し赤黒く変色します。歯の根元も歯ぐきが後退することで、露出されるようになります。
歯を支えている骨もほとんどが溶けてしまっているので、歯がぐらついたり、物を食べることも困難になります。
歯周病がかなり進行してしまっている重度の歯周病の場合、スケーリングやルートプレーニングだけで、完治するのは 不可能になるので、外科処置(フラップ手術)を行い治療します。

主な歯周外科治療法について

○メンブレン
歯周病で破壊された骨や歯の周りの組織は、 原因を除去すると再生しようと働きます。
そのまま放置しておくと組織が破壊され、取り除いた部分には、必要な歯の支えとなる組織が 再生する前に不必要な軟組織が入り込んで成長してしまいます。
その為、下記の図のようにメンブレンを設置し、不要な軟組織の侵入を防ぎ、 必要な骨などの組織が再生されるのを待つ必要があります。

メンブレンとは

○骨移植
骨移植は、歯周病で破壊された骨や組織を取り除いた箇所に 人工骨や自分の骨を移植し、失われた箇所の骨の再生を図ります。
人工骨の材料は主にハイドロキシアパタイトを使用し治療します。自家骨は腸骨や顎角部などから採取した骨を細かく砕き欠損部へ移植します。
治療の成功率は人工骨より勝りますが、患者さんの口腔内の状態や歯周病の進行具合に よって適応できない場合があります。