予防・定期検診

むし歯の条件

①歯の表面にむし歯菌が定着
①歯の表面にむし歯菌が定着

これまでの多くの研究者達によって、むし歯は数種類の細菌が関係していることがわかっていますが、最も主要な細菌はストレプトコッカス・ミュータンスとされています。この菌が、歯の表面に定着することがむし歯を引き起こす必要不可欠の条件になります。
②歯がむし歯菌の攻撃に抵抗しきれない
②歯がむし歯菌の攻撃に抵抗しきれない

お口の中にはいろいろな細菌が存在しており、その集団を”常在菌叢”とよんでいます。これらの役割は外からのバイキンの定着や侵入を阻害しています。
しかし、常在菌叢に割り込もうとする細菌がいて、これらが割り込むと増殖を開始し、しだいに悪さをしだします。その代表が、むし歯や歯周病といった病気なのです。
③お砂糖などの糖分がお口の中に存在すること
③お砂糖などの糖分がお口の中に存在すること

むし歯菌は、お砂糖をエネルギーに変えて””をつくります。でも、甘党の人が必ずむし歯になるわけではありません。
問題は、砂糖の量ではなく、お口の中に食べ物が入っている時間の長さが問題になってきます。食後の歯磨きはもちろんの事、食事と食事の間にお口の中を休ませてあげる為にも規則正しい食生活を心掛けましょう。
④上記の3要因が一定時間以上持続すること

むし歯は、上記に挙げた3要因が主な原因となります。
その条件が揃い、その上で一定時間以上その環境が保たれたことによってむし歯菌が活動する絶好の環境が作られ活性させると考えられています。

唾液の重要性と歯磨きのタイミング

唾液の重要性と歯磨きのタイミング
唾液は、むし歯予防に重要なはたらきをしています。元来、唾液によってかなりの菌は歯の表面から洗い流されますし、むし歯菌がねばねばした物質を作りながら酸を産生しますが、これすら中和する機能をもっています。
唾液には、むし歯菌によって溶けだしたカルシウム、リン酸イオンを歯に戻してくれる役割があるのです。ところが近年、噛まなくても飲み込める食事が多くなり、若い人で唾液のでにくい人が増えています。
当然、唾液の量の少ない人もいます。また、寝ている時は、体も脳もお休みしますから、唾液の出は少なくなり、口の中を灌流しなくなります。したがって、口の中にむし歯菌が停滞しますので、寝る前の歯磨きが非常に重要になってきます。

定期健診を受けましょう

定期健診を受けましょう
むし歯ができる理由はひとりひとり違います。「歯磨きをしていれば大丈夫」「甘いものを食べなきゃ安心」といった時代ではないということです。そのために、いろいろな検査があり、むし歯危険度がわかります。
ひとりひとり違う、目には見えないむし歯のホントの原因を見つけだし、まずは自分のお口の状態を知ることから始めましょう。