院長紹介

成田 保之院長
院長の成田保之です。大正元年に祖父がこの地で開業して現在まで五所川原市近郊の地域の方々へ、地域医療の発展に従事させて頂いてきました。
日本歯科大学を卒業後、大学での臨床、研究、教育に携わった後、世界各国にて研修後、平成19年に成田歯科診療所院長に就任致しました。
研鑚を積み、様々な症例を経験した上で、小さな虫歯から、インプラント、矯正治療まで、ほとんど全ての口腔疾患に対応しています。

略歴


昭和57年日本歯科大学新潟歯学部卒業
日本歯科大学新潟歯学部口腔外科教室第二口腔外科入局
昭和58年~新潟県立がんセンター頭頸部科
電気化学工業附属病院口腔外科
北陸中央総合病院(富山県)
NIH
フィブリキャンサーセンター(インド・マハラ シュトラ州)
華西医科大学(現:四川大学)などで研鑽、研究
平成3年厚生連村上病院・口腔外科医長
平成5年歯学博士
平成6年日本歯科大学退職し、五所川原に開業
現在日本歯科大学新潟歯学部・口腔外科非常勤講師
厚生労働省指定
歯科臨床研修医指定施設


スタッフ体制
歯科衛生士
常勤2名
歯科助手
2名

院長インタビュー

1、歯科医師を目指した理由は?

祖父、父が歯科医師をやっていたため、自然な成り行きで目指しました。

2、歯科医師になってなかったら?

商社マンか国家公務員(外務省など)ですかね。
海外に派遣されるような仕事に興味がありました。
祖父が海外によく行っていた関係でよく話を聞いていたんです。
”日本にはないものが海外にはあるのかな!?”とよく考えてましたね。

3、趣味や特技はなんですか?

小中高大 野球 
大学時代 セカンド 意外と俊敏性があるんですよ(笑)
高校時代は間違えば甲子園に行けたかも?的な成績をあげることが出来ました。
スキー1級 今でも年2,3回は滑ります。 主に鯵ヶ沢とか八甲田に行きますね。
合気道2段 40歳すぎから始めたんですよ、武道に興味があったもので。
大学時代に極真空手に見学入門したこともありますが、
いろいろ危ないこともありまして・・ すぐ辞めました(笑)
スキューバダイビング ちゃんとライセンスもありますよ☆

読書 村上龍が好きですね。 もろもろのハウツー本もよく読みますね。
   あとは土地柄、太宰治の本はよく読み直ましてますね。
   もちろん、歯科専門雑誌もかなり読んでます。医療は日進月歩なので。

車 レースにも何回か出ましたね。

なんでものめり込むとハマってしまう性格かもしれませんね。(笑)

4、院内感染予防に力をいれてらっしゃいますが

リサ(ヨーロッパ基準滅菌器)・ミーレ(歯科用器具洗浄器)
この2つを2009年に導入しました。

大学の講義にずっと入っていますが、大学ではこの当時すでに感染予防に対して意識が高まっていたんです。そこで、これからは一般の歯科医院でも必須になるし、なにより患者さんのために最低限の感染予防対策を行いたいという想いからですね。

5、高齢者や障害を持った方向けのユニットを導入されてますが

当院の患者さんの中には、障害を持った方や介護認定を受けた方が結構多いんですね。
訪問診療などでもある程度対応することは可能なわけなんですが、
質の高い医療を提供するためには、やはり医院に来てもらうことが一番なわけです。
ですので、質の高い治療を提供するために専用のユニットを導入しました。

6、インプラント治療に力をいれてらっしゃいますが

橋げたが5本ある橋の2本なくなったら・・・ 
想像つきますよね?

それを補える方法が、唯一インプラントであると思っています。
入れ歯やブリッジの治療が悪いとは言いません。
しかしながら、少なからず残っている歯に負担をかけることになりますね。

”的確なインプラント治療をご提供する”

そのためには、しっかりした診査診断が必須となります。 
そこで、2014年に歯科用CTを導入しました。

それまでは近隣の総合病院に撮影を依頼していましたが、
タイムラグなどもあるために、患者さんへのストレスもかかるものです。 

撮影したらすぐに、診査診断し治療計画を立てることが可能になり
患者さんに対しても、より早く的確なインプラントをご提供することが可能になりましたね。

7、専門医による矯正治療を受けるメリットは?

当院の矯正治療は、矯正専門医が行います。
メリットは、矯正の知識・経験・実績が豊富なところです。
あとは、難症例にも対応が可能なことですね。

最新の技術(抜かない矯正)をご提供することを目指しています。
矯正は奥が深く、ちょっと勉強したからと言って、全て対応出来るものではありません。
ですので。矯正専門医による、しっかりとした治療を皆さんに提供出来る環境を整えました。

小児の段階から矯正をスタートさせることが重要です。
お気軽にご相談頂ければと思います。

 

8、顎関節症の治療を具体的にお聞かせ下さい。

咬合由来の顎関節症は、咬合のバランスを治さないとダメなんです。
一般的に歯科で行われている顎関節治療は、疼痛緩和が主な治療であったりします。

当院では、矯正治療で咬合を整えることにより、顎関節症が治った例も多いですね。

当院の顎関節症治療は、

”顎関節症を治す!”です。

疼痛緩和では、また痛みが戻ることもありますので、
お悩みの方は、是非一度ご相談ください。

9、長年にわたり、口腔ガンの予防と検診を行ってますが

ガンは命に直結するものです。
なので、早期発見が重要ですよね。

虫歯や歯周病で歯科医院に行くと思いますが、そこで見逃されてないでしょうか?
当院では初診の患者さんには、口腔粘膜を含めた全体を診察するようにしてます。

当院で口腔ガンを「発見→大学に送り→事なきを得た」例もあります。
要は、口腔ガン・または後々ガンに発展(癌化)するような状態を見極める、
知識と目があるかが非常に重要だと思っています。

 

10、訪問歯科に対する想いをお聞かせください。

癌の末期のかたなど、ターミナルケア(終末期の口腔ケア)の依頼が多いですね。
あとは、ご要望があればお伺いします。
当院で長年治療を受けられた方は、最後までしっかりと見させていただきます。

 

11、歯周外科を多数こなしてらっしゃいますが。

歯周病を完治させるためには、歯周外科が必要な場合が多いんです。
口腔外科出身ということもあり、その辺がしっかりと診断し対応するようにしてますね。


12、最後に、地域の皆さんへ一言お願いします。

~健康・長寿は口から~
歯が残っている人は元気ですよね。
なので、1本を大事にして頂きたいと思いますし、そのためには定期的に歯科医院に通って欲しいと思いますね。 
誠心誠意対応してまいりますので、今後とも宜しくお願い致します。